妊娠中と産後はむくみがつらい!自分でできる改善方は?

ライフスタイル, 妊娠

bc-615703278
出典:https://cookpad-baby.jp
妊娠すると女性の体はさまざまな変化をします。中でも妊婦さんを悩ませる現象のひとつが「むくみ」です。

特に妊娠後期に多くみられるむくみですが、初期からむくみで悩まされる、という妊婦さんも少なくありません。

また、妊娠中だけではなく出産後にむくみを経験する人も多いのです。

このツラいむくみを解消する方法をご紹介します。

妊娠中はむくみやすくなる理由がある

thum_1928
出典:https://doctors-me.com
体がむくむというのは、体内に余分な水分が溜まっていて、顔や手足などがパンパンに腫れてしまうことをいいます。

強い痛みはないのですが、むくんでいるとなんとなく違和感を感じて気持ち悪いですよね。むくんでいる足などを指で押すと跡が残ったりします。

妊娠中は、お腹の赤ちゃんに栄養を送るため、ママの体の血液量は増えます。妊娠30週のピークには、通常の1.4倍の血液量にまで増えるそう。その血液は、サラサラと流れる水分量の多い血液なので、体の中の水分量も増えているということになります。

そういったことが妊娠中のむくみの原因のひとつになっているのです。

また、妊娠後期になると体を動かすのが大変になってきますし、同じ姿勢でじっとしていることが増えてくると思います。そのため運動不足になっていることも原因のひとつ。

それに加えて、妊娠で食べ物の好みが変わっている場合、食事内容がむくみの原因になってしまうこともあります。

産後のむくみの原因は?

201701bad-skin-condition-2
出典:http://mummy-blog.net
出産直後にもひどいむくみが起きることがあります。私自身もひどいむくみを経験した1人ですが、産後むくんでしまうのは、出産により羊水や血液などが外に出てしまい、体の中の水分バランスが崩れてしまうことが関係しています。体は失われた水分を元の状態に戻そうとするわけですが、その過程でむくみが起きやすくなるそうです。

体のバランスが整ってくればむくみは自然とおさまってくるのですが、体のひどいむくみを抱えてる状態はつらいですよね。少しでも改善させたいものです。

カリウム摂取と減塩を心がけよう

photo-1467453678174-768ec283a940
出典:https://wome.jp/articles
むくみを自分で少しでも解消するためには、カリウムを摂取したり減塩を心がけた食生活を送りましょう。

カリウムは「海藻類・瓜科の野菜・バナナ・キウイ・アボカド」などに含まれています。妊娠中や出産後でも食事から改善することは、比較的やりやすい対策だと思いますので、積極的に取り入れてみてください。

マッサージや着圧ソックスも○

IMG_PHT_A1502-D004082_1_Wmain_2
出典:https://akasugu.fcart.jp
足の冷えを改善することは、むくみ対策になることから、足湯をためしたり血流をよくするマッサージもおすすめ。

でも、お腹の大きな妊娠後期には自分でマッサージするのは難しいですよね。パートナーにマッサージしてもらうのもひとつの方法ですが、着圧ソックスを使用する方法が手軽でおすすめです。

寝るときに使用すれば、翌朝にはすっきりしていることを実感できると思います。

リラックスして過ごすことも大切

timthumb
出典:http://babys-love.jp
むくみはつらい症状ですが、妊娠中や出産後のむくみは、いずれ時期がくれば改善するもの。

あまり気にしすぎないことも大切です。ときにはウォーキングをして軽い汗を流したりしながら、リラックスして過ごしてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル, 妊娠」カテゴリの人気記事