子供がいる家は禁煙に!都民ファーストの会が検討する条例とは

ライフスタイル

出典:http://01.gatag.net

年々、基準が厳しくなっているタバコの喫煙規制。

タバコの煙には数々の健康被害への影響があると言われており、タバコを喫煙している人が直接吸う「主流煙」だけでなく、タバコを吸っていない非喫煙者にとっても、タバコから立ち上がる「副流煙」を吸ってしまう事によって、病気になってしまう恐れもあるなど近年問題化されています。

そんな中、新たなタバコに関する条例が提出されるのが判明し、現在ネット上で賛否両論になっているのをご存知でしょうか?

地域政党「都民ファーストの会」が、この度「受動喫煙対策」の公約の一つとして、掲げたのが、”子どものいる家庭は禁煙”という条例。

子どもの受動喫煙を防ぐための条例案として提出を予定されているようですが、喫煙者、非喫煙者から見ても無理のあるような内容の条例に対し、ツイッター上では不安や不快感の声が多く、様々な物議を醸し出しています。

可決される可能性大!子どものいる家庭は禁煙になる?

出典:http://free-photos.gatag.net

小池百合子・東京都知事が率いている地域政党「都民ファーストの会」が、9月に開かれる都議会において、「子どもの受動喫煙を防ぐための条例案」の提出を検討しているそうです。

これは、子どもがいる自宅や自家用車の中、さらには通学路といった、子どもがいるそばでは今後、タバコの喫煙が完全に禁煙されるというもので、喫煙者にとっては、衝撃的なニュースかもしれません。

この件について、ツイッターでは様々な意見が飛び交い、賛否両論になっています。

さすがに家の中すべて禁煙にするというのは、プライベート的な問題もあると、多くの人達が指摘していました。

家の中でも「子どもがいない部屋ならOK」なら、まだ賛同する人も多いかもしれません。

その他にも、「外からは見えないのにどうやって監視するのか」、「プライベートな空間を規制するのはおかしい」といった批判的な意見も多く見られました。

「子どものいる家庭は禁煙」条例を検討するのには理由が!?

出典:http://free-photos.gatag.net

近年新しいタバコのルールが次々に誕生し、あらゆる場所が禁煙化していっています。

どんどん厳しくなっている規制の背景には、喫煙者のマナーの悪さが原因だと言われているんです。

「自分の子だから大丈夫」と、親子で出かけて子どものそばでタバコを吸っている親もいるかもしれませんが、それと同時に周りの人に迷惑をかけていることもあります。

もしかすると、周りの人に配慮してあげられる人が増加し、もっと素敵な国になるように思いを込めてこの条例の提出を検討しているのかもしれません。

 

いかがでしたか?

オリンピックに向けて「たばこの無いオリンピック」をIOCが掲げている事もあり、今後さらなる厳しい規制が生まれるかもしれません。

毎日喫煙するという方も喫煙する際には、他人を思いやる気持ちを忘れずに行動するように心掛けてみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事