身体に青いアザが!?「異所性蒙古斑」の豆知識&治療方法

子育て

異所性蒙古斑 赤ちゃん 治療出典:http://www.momjunction.com

日本人の赤ちゃんのほぼ100%にみられる青いアザの一種「蒙古斑」。

通常、蒙古斑のほとんどはお尻の付近に出きますが、稀にお尻以外の部位に出きてしまう「異所性蒙古斑」というものもあります。

このアザは、大人になるにつれて薄くなって自然に消えていきますが、アザの範囲が広い場合は消えるまでの数年間は気になってしまうかもしれません。

しかし、この異所性蒙古斑を治療により薄められる方法もあるんです。

今回は、赤ちゃんがいるママやパパ、さらにこれから赤ちゃんを出産予定の方必見の、「異所性蒙古斑」に関する知っておきたい豆知識や、治療法を紹介します。

異所性蒙古斑とは?

異所性蒙古斑 赤ちゃん 治療出典:https://www.babycentre.co.uk

お尻に出きる青いシミのようなアザ「蒙古斑」が、顔や手足などお尻以外の身体の部位に出ることを「異所性蒙古斑」といいます。

蒙古斑は、胎生期の真皮メラノサイト(色素)の残存だと言われており、メラノサイトが浅い所にあると黒く見え、深い所にあると青く見えます。

蒙古斑の発生率は人種によって全く異なり、日本人にはほぼ100%の割合で蒙古斑が発生するとされていますが、黒人の発生率は80%~90%と若干少なく、白人に至ってはわずか5%ほどと言われています。

異所性蒙古斑が出きる時期は?

異所性蒙古斑 赤ちゃん 治療出典:https://www.babycenter.com

異所性蒙古斑は生まれた時~生後1ヶ月頃に出きるとされています。

蒙古斑は成長すると自然に消えるとされ、個人差がありますが4~10歳になる頃には完全に消えてします。

また異所性蒙古斑は、お尻にある蒙古斑と違い、消えるのが遅い傾向があり、稀ですが大人になっても消えない事もあります。

青色母斑、太田母斑などの病気の可能性も!

異所性蒙古斑 赤ちゃん 治療出典:https://www.flickr.com

身体に突然出来るアザの中には、「異所性蒙古斑」以外にも、「青色母斑」、「太田母斑」といった病気の可能性もあります。

気になる場合は、すぐに病院で診断してみましょう。

異所性蒙古斑は治療した方がいいの?

異所性蒙古斑 赤ちゃん 治療出典:http://easyliving.my

異所性蒙古斑は病気では無いので、治療する必要はないですが、アザが気になる場合はレーザーで薄くして、目立たなくすることが可能です。

異所性蒙古斑の治療法は?

異所性蒙古斑 赤ちゃん 治療出典:http://www.momjunction.com

皮膚科や形成外科などでレーザー治療により治療を行い、繰り返し治療を続けると、完全に目立たなくなります。

治療の費用は保険が適応されるので心配することはないですが、場合によっては全身麻酔や入院することもあるのでよく確認してみましょう。

いかがでしたか?

放置していても何も問題は無いですが、気になる場合は治療してみるのもいいかもしれません。

我が子に異所性蒙古斑があり、子ども本人も気にしているようなら、まずは病院を探して相談してみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

子育て」カテゴリの人気記事