子供の食べ残しを食べて大変なことに!気を付けたいウィルス感染

子育て

1
出典:https://hugooo.jp/

子育てしていると、かなりの確率で毎回子供がご飯を残してしまいます。残すと勿体ないので、ついつい子供の食べ残しを食べてしまうママも多いのでは?勿体ないからと毎回食べ残しを食べていると、体重が増えてしまうだけでなく、もっと大変な目にあうこもしれません!

子供の食べ残しでひどい目に!

絵日記ブログを描いている「tohu(@tohu4563)」さんのツイートが話題になっています。

34
出典:http://blog.livedoor.jp/

夏に流行ることの多い手足口病。子どもの「三大夏風邪」と呼ばれたりするので、注意が必要です。手足口病はその名の通り、「手」「足」「口」に症状が出る、ウイルス性の感染症です。口の中や手のひら、足の裏などに小さな水疱性の発疹ができ、口の中に発疹が出ると、口の中に無数の傷穴があいてるように痛み、まったく食事も取れないほどの激痛になるそうです。

手足口病は特に乳児がかかりやすいので、子供の病気と思われがちですが大人にも感染します。大人に感染すると、子供が感染した時より重い症状でつらい思いをすることもあります。

一緒に暮らしていると手足口病以外でも、インフルエンザやノロウィルスなど感染しやすいですが、食べ残しを食べることで感染するのが分かっているのであれば、できるだけ感染を避けるためにも食べ残しは食べないことをおすすめします。

食べ残しが勿体ないのであれば、食べられる量かそれより少なめの量をお皿に載せて、もっと食べたい時におかわりさせる方が食べ残ししにくくなります。食べたい!と思うような見た目が楽しい盛り付けや、野菜を可愛くお花型に切ったりと工夫してみると食欲がアップします。

手足口病以外に気を付けたい病気

手足口病以外にも夏に流行する病気があります。ヘルパンギーナや、アデノウイルスで感染する咽頭結膜熱(プール熱)は、どちらも手足口病と同じくウイルスで発症するものなので、特効薬やワクチンもありません。

一度かかると症状が収まるまで何も治療ができないので、できるだけかからないように食べ物や飲み物のシェアなどを避けて、手洗いうがいを心がけましょう。

サイトメガロウイルスとは?

サイトメガロウイルスは妊娠中に初めて感染すると、胎児に影響を及ぼすウィルスです。ほとんどの人が免疫を持つヘルペスウイルスの仲間で、普段は問題になることはありません。しかし、妊婦になって初めてこのウイルスに感染すると、胎児にも母子感染し難聴や脳の障害などを引き起こす可能性があります。いま免疫を持たない人が増えているそうです。

主に唾液や尿などに多く含まれていて、子ども同士で遊んだり一緒に食事をしたりしている時に、よだれや鼻水がお互いについたりするのが感染経路になる場合が多いです。2人目を妊娠中に上の子どもの世話をしていて感染することが多く、そのため子供の食べ残しを食べるのは妊娠中は特に避けましょう。

ついつい食べてしまいがちな子供の食べ残し。筆者も勿体ない、と食べてしまうことが多いです。ママが病気なったら家族みんなに迷惑がかかるので、できるだけ病気に感染しないよう、子供の食べ残しを食べるのは避けるようにしたいですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

子育て」カテゴリの人気記事