荷物の軽量化ができる、コスメ収納術4選

ライフスタイル

普段財布をポケットに入れて出かけるだけの男子と違い、女子はバッグの中に荷物がいっぱい。持ってみるとずしっと重く、もうちょっと軽くならないかな、と思っている女子はたくさんいるはず。少しの工夫でバッグの軽量化ができるのをご存知ですか?ぜひそのアイディアを真似して、荷物がいっぱいのバッグにおさらばしましょう。

目からウロコの仕分けグッズ

荷物のなかでとにかくかさばるのがメイク用品。化粧直しに必要なメイク用品を持ち歩くのは大変です。そこでびっくりの方法で軽量化を実行している人達がいるので紹介します。

リキッドタイプのファンデーションを使用している人に、ぜひ真似してほしいのがこれ。コンタクトレンズケースにリキッドファンデーションを入れるなんて、まさに目からウロコのびっくり技。

確かにケースの大きさ自体、ファンデーションの一回分の量を入れるのにちょうどいいサイズ。右に化粧下地、左にファンデーション、と分けて入れらる万能アイテム。これなら重たいリキッドファンデーションを丸ごと持ち歩く必要はありません。

さらに軽量化を図りたい人には、醤油入れを使った方法もおすすめです。小さいのにしっかりとファンデーションを入れることができるし、使ったら捨てられるのがスゴイです。醤油入れとしてしか使い方を認識していなかったので、ほんとにびっくりのアイディアです。

パウダータイプのファンデーションを使用している人は、スポンジの両面にファンデーションをつけてジップロックに入れるという手もあります。

重たい化粧水、さようなら

一泊旅行に重たい化粧水のボトルを持って行くのは、できるだけ避けたいですよね。小さいボトルに詰め替えて持って行く人が多いと思いますが、化粧水にもこんな軽量化の方法がありました!

ストローに化粧水を入れて、両端をヘアアイロンでストローの端を閉じる方法。これを思いついた人はほんとにすごいですね!ヘアアイロンを直接当てるとストローが溶けてしまうので、ストローとヘアアイロンの間にペーパータオルを挟んでやるといいそうです。これなら必要な本数作って持って行けばいいし、使用後は捨てられるので荷物になりません。

その他にもコットンに化粧水をしみこませて、ジップロックに入れて持って行く方法もあります。これも使用後は捨てられるので荷物にもならず、簡単に準備で着ます。

自作のメイクパレット

かさばるメイク用品。あれもこれも持って行きたいけどかさばるので、どうしたらいいだろう、という人におすすめなのが自作メイクパレット。持ち運びできる小さめのケースに、お気に入りのアイシャドウやチークを元のケースから外して入れてしまう方法です。これならケース1つでフルメイクが完成するし、メイクブラシなども一緒に入れられるので便利。

荷物を少しでも減らしたい!という女子の執念が生んだすばらしい軽量化アイディア。家にあるものですぐにできるので、ぜひトライしてみてください!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事