まるで悪魔!魔の3歳児をうまく乗り切る方法とは?

ライフスタイル, 子育て

image
出典:https://mamanoko.jp
2歳児もなかなか大変な時期ですが、3歳ごろにやってくる反抗期もとっても大変。世間では「魔の3歳児」などと言われています。

なにをいっても「イヤイヤ!」。必ずママやパパが言ったことと反対のことを主張したりと、扱い方も難しくなってくる時期です。

ママやパパのイライラも募ってしまい、子育てに疲れたと感じてしまうことも多くなってくる時期です。

そんな大変な魔の3歳児の時期の乗り切り方をご紹介します。

どうして反抗するの?理由を理解しよう

shutterstock_308517089-20160306213846-500x334
出典:https://itmama.jp
この時期の反抗には理由があります。それを理解することで、少しでも冷静に対処ができるようになるかもしれません。

まず、この時期は自我が芽生えてくる時期。それは2歳ごろから現れてきますが、3歳になると、2歳の頃よりも知恵がついてきます。そしてさらに、体力的にもアップ、言葉もそれなりに使えるようになってきます。

なにを言ってもイヤイヤを通すのは、自己主張を子どもなりにしている、といった理由が隠れています。

でも、まだ3歳。分別もつかない部分もまだまだ残っているのに自己主張だけはしてくるのです。なので、一生懸命の自己主張も話が通らないことが多いです。この部分がママやパパのイライラにつながってきてしまうのです。

まだまだ甘えたい時期だと理解しよう

b9a492abbf4c5f22f759716b465c7c5e_1449661611-480x320
出典:https://192abc.com
魔の3歳児といわれる時期でも、子どもはまだまだ甘えたい時期です。イヤイヤしながらギャン泣きをはじめるようなときは、もしかしたらママに自分をみてほしかったり、甘えたい気持ちのあらわれなのかもしれません。

なにか子どもに大人の都合を押し付けていないか?など、親の方も自分の行動を振り返ってみると、冷静に対処できるかもしれません。

怒鳴るのではなく話しをする

1010jpg
出典:https://itmama.jp
例えば時間がないのにイヤイヤがはじまってしまったりすると、つい感情的になって怒鳴ってしまうことがあります。

怒鳴ったり「ダメ!」と子どもの行動を否定してばかりいると、子どもの心の中にも親の方の心の中にも、やはり負の感情しか湧いてきません。

なぜダメなのかを伝えたいなら、叱るのではなく話すという気持ちで接すると良いでしょう。

子どもの言い分もしっかりと聞いてあげて

ItMama_34279_3
出典:https://woman.excite.co.jp
大人でも、誰かに共感してもらうことはとても安心できるし、うれしいものですよね。それは子どもも同じ。今「イヤ!」といっている子どもの気持ちに共感してあげて、子どもの言い分もしっかりと聞いてあげると、落ち着くことがあります。

落ち着くと、こちらの話しをきちんと聞いてくれるようになることも。ついカッとなって怒鳴ってしまう場面もあるかもしれませんが、できる限り子どもの主張にしっかりと耳を傾けてあげてください。

遊びに転換してしまうと上手く行くことも

shutterstock_243200086-480x320
出典:https://192abc.com
なにを言っても言うことを聞いてくれない…そんなときは、遊びに転換してみると案外すんなりとやってくれることもあります。

例えば、片付け競争をしてみる、や、ごっこ遊びにしてみる、など、今すべきことを言っても聞いてくれないなら、遊びに変えてしまおうということです。

特に男の子なら競争が大好きなので、すぐにのってくれますし、女の子ならお店屋さんごっこの延長にしてしまうと良いかもしれませんね。

話しても理解してくれないようなときは、親の方もイライラするよりは、遊びにしてしまうとすんなりできたりするので、おすすめです。

理想は広い心で受け止めること!

魔の3歳児は、言葉が上手になってきているだけに扱いも難しいですし、言い返してくると、こちらもついイラっとしてしまう場面も増えてきます。

しかし、そうは言ってもまだ3歳。自分でできることには、まだまだ限界があるのです。

親がそう理解することで、少しでも広い心でこの時期を乗り越えることが、結局は、親にとっても子どもにとっても理想的なのかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル, 子育て」カテゴリの人気記事