『おばさん』になってない!?いつまでも『お姉さん』でいるための5つの条件

ライフスタイル

女性ならいつまでも若々しくキレイでいたいと思うのは当たり前のことですよね。しかし、年齢を重ねるにつれて『おばさん』になってしまうのは仕方がないことなのでしょうか。
いいえ、そんなことはありません。年齢を重ねてもいつまでもまわりに『お姉さん』だと思われている人がいる一方、まだ若いのに『おばさん』だとまわりに印象付けてしまっている人もいるのです。
そこで、いつまでもキラキラ輝く『お姉さん』でいるための5つの条件をご紹介します

1.肌にハリやツヤがある

Closeup of a beautiful woman before spa treatment with copyspace
出典:http://googirl.jp/biyou/1210hadakirei934/

肌は相手に与える印象を大きく左右する大きなポイントです。ハリやツヤがあり、シミやシワのない肌は若々しい『お姉さん』の象徴。また、人が見ているのは何も顔だけではありません。首やデコルテ、手の甲は年齢が出やすい箇所です。手を洗った後などはこまめにハンドクリームを塗るようにし、洗顔後、顔のケアで余った化粧水や乳液は首やデコルテに塗るようにしましょう。

2.髪が潤っている

pasted image 0-6
出典:http://matome.naver.jp/odai/2139882664320583601
髪がパサついていると、後ろ姿だけでも『おばさん』だと思われてしまう恐れがあります。髪の中にある水分は年齢と共に失われていくもの。髪のパサ付きが気になり始めたら、流さないトリートメントなどでしっかりケアをするようにしましょう。

3.姿勢がシャンとしている

pasted image 0-7
出典:http://lealta.jp/beautiful-posture-exudes-confidence-and-energy/
背筋をシャンと伸ばして颯爽と歩く女性は若々しくキレイに見えます。また、姿勢良く歩くことはダイエットや筋肉を鍛えることにも繋がります。美しい姿勢を保って、若々しいスタイルをキープしましょう。

4.笑い方や仕草に品がある

pasted image 0-8
出典:http://xn--cbk162g505a.com/women-32-6995
女性を『おばさん』と『お姉さん』に分けるのは、見た目だけではありません。仕草や言動も大きく関係するのです。楽しそうに笑う女性は魅力的ですが、公共の場で周囲を気にせず「あっはっは!」と笑ってしまうのは『おばさん』の象徴です。笑い方や仕草に意識して、上品にするように心がけましょう。

5.恥じらいがある

pasted image 0-9
出典:http://motejyo.net/mj-09/
恥じらいのない女性は、周囲に『おばさん』だと受け取られてしまいます。特に男性はちょっとはにかんだような女性の恥じらった様子にときめくもの。いつまでも羞恥心を持って、恥じらいを忘れないようにしましょう。時にはわざと恥ずかしそうに振る舞うのも重要です。

いかがでしたでしょうか。ドキッとしてしまうような項目はありませんでしたか?
常日頃から以上の条件を意識して、いつまでも若々しくキレイな『お姉さん』でいましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事