ちょっとした豆知識、免許証の12桁に隠された意味

エンタメ

2
出典:http://corobuzz.com/

身分証明書として毎日持ち歩いている運転免許証。免許取りたての時はうれしくて眺めたことがあったかもしれませんが、実際隅から隅までよく見たことがありますか?運転免許証を見てみると、「番号」という欄に12桁の数字が記載されいるのに気付くはずです。この数字はただの数字ではなく、しっかりとした意味があるのです。

12桁の免許番号

12桁の免許番号には、1~2桁目、3~4桁目、5~10桁目、11桁目、12桁目と、それぞれに意味があります。

最初の2桁

最初の2桁は各都道府県の公安委員会のコードで、初めて免許証の交付を受けた公安委員会のコードが記載されます。

例えば免許番号が301299999931だとすると、「30」なので東京都です。

下記の表は各地域の公安委員会のコードを記載したものです。北海道は10番台、東北は20番台、東京都は30番台、関東甲信越は40番台、北陸・中部は50番台、関西は60番台、中国は70番台、四国は80番台、九州・沖縄は90番台になります

3
出典:https://grapee.jp/

3~4桁の番号

これは初めて免許証の交付を受けた西暦の下2桁です。2017年に運転免許証を最初に取得した人であれば、ここの数字は「17」となっています。

5~10桁の番号

各都道府県の公安委員会が独自に決めている管理番号になります。単なる通し番号のところもあれば、ランダムに割り振られる県もあるようで、各都道府県により基準が違います。頭の4桁だけピンクに色分けされているので、何か特別な意味があるのかと気になりますが、その数字の意味は公表されていません。

11桁の番号

11桁目の番号はクレジットカード等でも使われる「チェックディジット」という、入力ミス確認用の数字になります。チェックディジットとは、ある難しい計算式があり、1~10桁目の数字で決まる番号です。

この番号で、入力ミスの確率が高い「1文字だけ間違い」と「隣合う2文字の入れ替え」を発見できるという、すごい仕組みの番号なのです。 入力した数字に間違いがないか、偽造されていないかを確かめるための数字で、適当な数字で免許証を偽造すると、11桁目が「ありえない数値」になるそうです。

12桁の番号

12桁目の番号は、免許証を再発行した回数で、紛失などで再発行するたびに加算されます。最初に免許交付を受けてから紛失したりせず、一度も再交付を受けていないと、番号は0になります。この番号が大きいと、「物をよくなくす人」と思われてしまうかもしれませんね。

交付年月日の右横の5桁の数字

交付年月日の横に5桁の数字があります。この番号は交付日ごとに番号を振り直していて、免許の手続きの詳細が分かります。

各都道府県の公安委員会の内部検索用照会番号とのことで、交付した免許センター・警察署番号や、交付日一日の通し番号などに使われているとのことです。これも各都道府県ごとに違い、頭2桁が免許センターの番号、下3桁が交付した免許証の通し番号となっていることが多いようです。

免許証番号に秘められた意味、意外にも色々な情報の意味があってびっくりしましたね。この機会に、改めて自分の免許証番号をチェックしてみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

エンタメ」カテゴリの人気記事