教師にとってもPTA活動は負担?教師側からみたPTAとは

ライフスタイル, 子育て

本来、加入は任意であるはずのPTAですが、学校によっては半強制的に加入せざるを得ない学校があったりで、なにかと問題になっています。

加入するかしないかで問題になっている親側だけではなく、同じように、ある意味強制的に参加しなければいけないのが、PTAのTである教師たちです。

教員側からみたPTAだって、とっても大変なのです。

ただでさえ激務なのに…

nande-denai-650x401
出典:http://www.mag2.com
教師たちの仕事は、ブラック企業並の激務だといわれています。

平成28年度計で、教諭の1週間あたりの勤務時間が60時間を超えている小学校は33.5%、中学校では57.7%。ブラック企業と揶揄されても仕方がない現状が、学校にはあります。
出典:https://mama.bibeaute.com

仕事量が多すぎるため、子供達が帰った後や勤務時間が終了した後でも、残業して仕事をこなすしかない、という現実があるようです。先生たちは、みんないつも忙しくて、たくさんの仕事を抱えているんだな、ということがわかります。

過労死ラインといわれる月80時間以上の時間外労働をしているといった学校も少なくありません。

先生の仕事量が多すぎるといった現状は、このままではいけない、早急に対処しなければいけない問題ですよね。

土日までPTA活動に駆り出される

48ec9a1068cb1598755a4f8177d0caa3--fall-football-football-themes
出典:https://www.pinterest.jp
PTA主催のお祭りなどの行事を土日に行うことって多いですよね。

そんな行事に、先生たちが参加しないわけにはいかないということで、休みのはずの土日でも、教師たちはPTA活動に参加させられるのです。

たとえばPTA役員が休日にベルマークを回収するのに、教師が1人もそれに参加しないわけにはいきません。学校のためにやっているのに、教師は参加しないのか!!とクレームがきます。そこで若手は校長に半強制的に駆り出されて、ベルマークを集めるのを手伝います。もちろん手当は出ません。自主参加という名目の時間外労働です
出典:http://www.dukaoni.com

PTA活動はボランティアですから、もちろん時間外手当なんででません。(参加している親の方ももちろんそうですけどね。)

子供がいる家庭をもった先生たちだって、土日の休みの日ぐらいは家族とゆっくり過ごしたい、そんな思いはあるはずです。平日は毎日、残業で大変なのですから。

土日まで仕事の範疇でもある、PTA活動に参加させられることは、大きな負担になっているに違いありません。

「参加したい」と望んだ人が参加することが理想

教員のなかにはPTAに関わりたいと思っている人もいます。というのも、PTAに参加することは保護者とコミュニケーションがとれるメリットがあり、これに価値を見出している教員はとても多いです。
出典:https://mama.bibeaute.com

これは親側からもいえることですが、PTA活動はすべてが無駄で悪なわけではありません。本来、子供達のためにある組織ですので、そういった本来の目的に基づいて行われることで、PTAも意味のある活動になります。

ぜひこの活動に参加したい!そう望む人たちが積極的に参加するといった組織に変えていくことが必要になってきているのかもしれません。

だれでも「やらされている」という気持ちを持って活動していても、楽しくありませんよね。それは、教師側だって同じことでしょう。

なんとなく変わらずにきてしまったPTAも、時代とともに変わる時がきているのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル, 子育て」カテゴリの人気記事