大変な男の子育児に役立つ!育児本5選。

子育て

1
出典:http://www.excite.co.jp/

男の子の子育ては大変

子育ては大変な仕事。子育てをしていると色々な悩みにぶち当たることが多々あります。その中でも男の子は特に手がかかって大変、というイメージがあります。大人しくて扱いやすい男の子もいれば、すぐに癇癪を起して手のかかる女の子もいるだろうし、子供によって違いがありますが、一般的に言うとやはり女の子より男の子の方がやんちゃで、見ていてひやひやすることが多いです。

筆者は娘と息子が一人ずついますが、上の子は女の子でイヤイヤ期もなく大人しく、一日で叱ることが一回もなかった、なんていうことも多かったのです。それが息子が生まれてから、子育てってこんなに大変でストレスの溜まるものだったとは!と改めて、女の子と男の子の違いに驚かされました。

やんちゃで目が離せない息子

とにかく息子は手が早い。気に入らないことがあると叩いたり物をなげたり、噛みついたりと本当に大変です。高いところから飛び降りたり、危ないことをしでかすのでいつもひやひやしていました。案の定前歯を折って、首に怪我をし、頭を切って血を流し・・・といつも気を付けていても、何かしらやらかします。

長女の時は子育てについてネットでチェックしたり、育児本を読んだりということがありませんでした。それが長男が生まれてから、子育てについてたくさんリサーチするようになったのです。同じように男の子の育児に悩まれているママに読んでもらいたい「男の子のための育児本」を紹介します。

日本一わかりやすい男の子の育て方の本


詳細はこちら
元保育士の原坂一郎さんの本。筆者の長男もそうなのですが、いくら叱ってもいうことをききません。この本は男の子はなぜそうするのかを、わかりやすく説明し言葉がけや対応の仕方を解説しているので、大変参考になります。読んだ後と前では格段に楽になって、男の子の育児が楽しくなります。

男の子の育て方~「結婚力」「学力」「仕事力」。0~12歳児の親が最低限しておくべきこと


詳細はこちら
「結婚できる」「就職できる」男に育てるには、乳幼児+小学校時代の親の接し方がとても重要であることを説明しています。子育てにおいて、「0〜6歳」「7〜12歳」「13歳〜」と、成長の度合いを3段階にわけて、長期的に物事を捕える視点を持つように説明がされています。子供をしっかりと自立できる子供に育てるには何をすべきなのか、何が大切なのか考えさせられる一冊です。

男の子の一生を決める 0歳から6歳までの育て方


詳細はこちら
20年間で12,000人の子どもをみてきた著者が、男の子に合った育て方を教えてくれます。6歳までの幼児男子の子育てにぴったりな本で、2歳、4歳、5歳の男の子は特に手がかかって大変ですが、この時期に頑張れば、あとの子育てがすごく楽になります。「女の子の一生を決める0歳~6歳までの育て方」もあります。

男の子の 本当に響く 叱り方ほめ方


詳細はこちら
実際に3人の息子を持つ著者が、元保育士の経験を生かして男の子育児のノウハウを伝授する本。ママの言うことを全然聞いてくれない息子、何度言ってもやめないのはどうしてだろう?と悩んでいるママにおすすめの一冊。どんな言葉をかければ男の子が言うことを聞くのか、どんなふうに関われば男の子が変わるのか、男の子の心に「本当に響く」言葉をかける実践的なノウハウが分かります。

男の子を伸ばす母親は、ここが違う!


詳細はこちら
お父さん必読の本。音読法、作文法、サイコロ学習法、短期英語学習法などの数々の学習メソッドを開発している著者による、男の子育児の専門書。子育て本のベストセラーを連発するカリスマ家庭教師が、父親が育児サポートするだけで息子は見違えるほど伸びていくことを教えてくれます。男の子の子育てに、お父さんの関わりがいかに大切かを教えてくれるイクメン本。

少しでも男の子の子育てを楽しくするために、ぜひ読んでほしい本です。育児書通りにいかないのが育児の難しいところでもありますが、育児書を読むことで参考になることもたくさんあります。ぜひ読んで育児に役立ててください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

子育て」カテゴリの人気記事