育児ストレスマックス!そんな時はプチ家出もアリ?

子育て

1
出典:https://smilekidsbasic.com/

「育児ノイローゼ」という言葉が存在するように、育児は本当に大変です。仕事はがんばれば成果が表れて、昇進したり給料が上がったりモチベーションを維持することができます。でも育児は答えが一つではない分、自分の育て方はこれでいいのか、と悩んだり夫の協力が得られなかったり、先が見えない不安に襲われてストレスが溜まってしまいます。

育児ストレスが溜まったら?

育児ストレスは溜まると本当にノイローゼになって、最悪育児放棄・・・という結果にもなりかねません。ストレスが溜まらないよう、ほどよいストレス発散が必要です。趣味を持ったり、好きなドラマを見たり、お気に入りのスイーツやお酒を楽しんだり・・・と、ストレス発散方法は人それぞれ。

でもそんな小さな発散方法じゃ、もうこのストレスはどうにもならない!と火山が大爆発寸前の時、どうしますか?思い切って家出してしまったママ達、案外多いんですよ。

ブチ切れて家出

子供にブチ切れた場合と、育児に協力してくれない夫にブチ切れた場合、もしくはその両方がきちゃった場合、「もうこれ以上、我慢の限界!」というところまできたら、ママ達は思い切ってその場を離れてみることも必要だと思います。

子供を置いて家出するなんて、と批判的な意見の人もいるでしょうが、子供を旦那さんに預けて家出するなら、全然アリだと思います。

2
出典:https://iku-mama.jp/

実際家出してみて思ったこと

実は筆者もプチ家出を経験したことがあります。その日は土曜日で夫は急な仕事で不在。子供二人が朝から喧嘩するわ、言うこときかないわ、散らかしても片づけないわ・・・・、もう「お前らええかげんにせんかい!」と大爆発。子供たちに叱っても全然気持ちは収まらず、夫が昼過ぎに帰ってきたとき、夫にちょっとでかけてくるからと一言残しプチ家出しました。

時間を潰すにはショッピングモールしかないので、そこでぶらぶらと時間を潰しました。でもそれで気分がすっきりとしたかといったら、全然でした。主人が家にいるとはいえ、子供達を置いて一人でだまって出かけてきてしまった罪悪感で、後味が悪かったです。

しかも買い物中も「ああ、そういえば長男の上着が小さくなっていたっけな。」「娘にこれいいかも。」と、結局買い物中も手に取る品物は子供達のものばかり。

数時間後に家に帰ると、こってり旦那にしぼられた子供達がしょぼ~んと頭をうなだれて、「ママごめんなさい。」と謝ってきました。「ママも勝手にでかけてごめんね。」とお互い謝り、それですべて収まりました。その場を離れたことで、ママも子供達も冷静に考えることができる時間ができて、プチ家出はよかったなと思います。

夫の協力

育児ストレスが溜まるかどうかは、夫の協力の度合いも大きく関係します。筆者の主人はかつては、「家にいて、子供をみてるだけって楽でいいよな。」といっていました。しかし、筆者の父が病気になり看病のため一人で里帰りすることになった時、年始だったこともあり1週間主人に子供たちの世話を頼みました。

その間、スカイプやテキストでやりとししていましたが、そのたびに「子供をずっと面倒見るのってこんなに大変だったんだ。」「子供の世話しながら家事も全部やるって、ほんと疲れる、しんどい~。」と言っていました。最後には「早く帰ってきてくれ~!!!」と雄叫びになっていて、実際自分が経験してみてその大変さを実感したようです。

それ以来、主人は育児や家事にもすごく協力的になりました。育児ストレスがマックスになった時は、プチ家出して旦那さんに子供の世話をする大変さを経験してみることも必要なのではないでしょうか。荒治療ですが、きっと効果があると思いますよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

子育て」カテゴリの人気記事