赤ちゃんのお風呂が憂鬱…乳幼児をお風呂に入れる心構えとは?

ライフスタイル, 妊娠, 子育て


赤ちゃんをお風呂に入れると必ず泣かれてしまって、お風呂の時間が憂鬱…なんてママやパパは多いかもしれませんね。

お風呂の中は音が響くこともあり、赤ちゃんのギャン泣きする声が家中に響き渡ってしまい、ついつい慌ててしまいます。

赤ちゃんのお風呂タイムが少しでも快適になるように、赤ちゃんが気持ちよくお風呂に入れる対策をご紹介します。

赤ちゃんはなぜお風呂で泣くのか?

add207811079fadf1b3ec5e5c061a13f_1448555189-480x320
出典:https://192abc.com
泣かれてまいってしまうなら、その原因を知ることで少しはママやパパの精神も安定するかもしれません!

赤ちゃんは、なぜお風呂で泣いてしまうのでしょう。それにはさまざまな理由があります。

お風呂の温度が気に入らない

お風呂のお湯だったりお風呂の中の温度だったりが、冷えすぎている、または熱すぎるなどが理由になることがあります。

裸にされて不安

いつもきている服を脱がされて裸にされることで、不安を感じてしまうこともあります。

シャワーの音などが気に入らない

音に敏感な子の場合、シャワー音が不快に感じて泣いてしまうこともあります。

石鹸が気に入らない

シャンプーが目に入ってしまったり、そもそも石鹸のヌルヌルした感覚が気に入らないという子もいます。

今は機嫌が悪い時だった

たまたま機嫌の悪いときにあたってしまった、ということもあります。授乳直後だったり眠いときだったり、赤ちゃんの機嫌が悪い時間帯にお風呂タイムになってしまうと不愉快なので泣きます。

赤ちゃんが泣いてしまう理由はさまざまです。親の方で対策できることも多いので、あまりに毎日泣いてしまうようでしたら、お風呂の温度をチェックしたり、お風呂の入れる時間帯を変えてみるなど、対策してみましょう。

できる限り手早く済まそう

image
出典:https://mamanoko.jp
温度や赤ちゃんのご機嫌など、できる限りの配慮をしても泣いてしまう場合もあります。そうなってくると、もう気にせず入れるしかありません。

とにかくお風呂に入る前に、すべてを手早くできるよう、お風呂で使用するシャンプーや石鹸、ガーゼ、お風呂上がりに使用するタオルや着替えなどを、すぐに使える状態で準備してからお風呂に入れましょう。

しっかりと準備万端にしてから入れると、精神的に楽になります。

泡はすぐに流す

shutterstock_76599610-480x335
出典:https://192abc.com
泡を嫌がる子は多いので、顔や髪についた泡は手早くすぐに流してしまいましょう。「しっかり洗わないとキレイにならないのでは?」と思い、泡をたくさんつけて洗ってしまうかもしれませんが、それほど神経質にならなくても大丈夫です。

顔を見つめながらしっかり固定する

thum_5924_1490861264701
出典:https://doctors-me.com
赤ちゃんはママやパパの顔が見える方が安心しますので、赤ちゃんは仰向けにした状態で入れる方が比較的落ち着きます。

また、不安定な状態だと嫌がる子もいますので、しっかりと抱っこしてあげることも大切です。結構重いので、ママ1人でお風呂に入れるのは大変かもしれませんが、その場合はママのひざの上に乗せる姿勢で入れると安定します。

毎日入れなくちゃ!という考えを捨ててしまう

赤ちゃんは新陳代謝が活発なので、毎日お風呂に入れてあげましょう!というのはもちろん間違ったことではありませんが、どうしても入れられない日もあるものです。

ガーゼなどで体を拭いて済ませたり、シャンプーだけはしないでお風呂からあがってしまったりと、そんな日があったとしても何も問題ありません。

それぐらいのユルイ気持ちでお風呂と向き合うことで、ママやパパのストレスも少しは改善するかもしれません。

赤ちゃんのお風呂タイムが楽しい時間に変わると良いですね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル, 妊娠, 子育て」カテゴリの人気記事