おしゃれでずっと使える! レトロかわいいホーローをキッチンに

ライフスタイル

カラフルな色遣いとレトロな雰囲気がかわいらしい「ホーロー」。実はとても丈夫な素材なので、大切に扱うと何十年も使える優等生なのです。お鍋やケトル、保存容器など、ひとつずつ揃えてみませんか?
4567
出典:https://commons.wikimedia.org/wiki/File:2008_Email_DRU.JPG

ホーローって何?

金属の上にガラス質の薬品を高温で焼き付けてつくります。歴史は古く、ツタンカーメンの輝く黄金の仮面はホーロー製であることが有名です。この仮面が作られたのは紀元前1300年頃こと。ホーローはとても古くから人間のそばにあったのです。
3456
出典:http://www.macoron.com/News/page/129

実用性とかわいさ

ホーローはぽってりとした質感とレトロな雰囲気がインテリアに人気。カラフルな色使いのものが多く、いくつも買ってキッチンに揃えたくなってしまいますね。古道具屋さんなどでちょっと年季の入ったホーロー製品に出会うと、タイムスリップしたような新鮮さがあります。
見た目だけではなく、金属とガラスを合わせた強度がホーローの特徴です。錆びやすい鉄と、割れやすいガラス。マイナス面を持った2つの素材が、鉄はサビから守られてガラスは鉄の強度を手に入れた、まさにハイブリッドな製品なのです。特にガラスはサビないだけではなく、酸で変質しない、すり減らない、そしてにおいが付かない衛生的な素材としてキッチンで重宝されています。そこに鉄の強さを与えたら、向かうところ敵なしですね! 大切に扱えば世代を超えて使い続けられるのもホーローの魅力です。
9887
出典:http://denkyu.ocnk.net/product/852

お手入れは?

ホーロー製品を扱うときに意識したいのが、表面がガラス質だということ。表面のガラスに傷がつくと、内側の鉄にサビや腐食が起きてしまうかもしれません。最近のホーローは以前よりも衝撃に強くなっていますが、できるだけぶつけたり落としたりしないように気を付けましょう。しつこい汚れや焦げ付きは無理にこすったり削ったりしないで、ふやかすようにして落とします。重曹を入れてお湯を沸かせば、焦げ付きは取れやすくなります。
お鍋やケトルを空焚きしてしまった場合には、熱せられたホーローにあわてて水をかけないように注意。ガラスは急な温度変化に弱い素材ですので、高温になったホーローに水をかけると、表面のガラスにヒビが入ってしまいます。そのまま冷めるまで置いておくのが正しい対処法です。
空焚きでなくても、強火で熱するとガラスと鉄の膨張率の違いによって細かいヒビが生まれやすくなります。強火ではできるだけ使わないように心がけます。
ホーローは普段の使用で神経質になってお手入れをする必要はありませんが、一度サビが出ると広がってしまうものです。ほかのキッチン用品と同じように清潔に、乾燥を心がけることがお手入れの基本といえます。
3456000
出典:https://95acresofsky.wordpress.com/2011/10/06/yellow-kettle/
キッチンにひとつ「ホーロー」を
美しい色使いのホーローはキッチンに一つあるだけで存在感を発揮します。お気に入りのホーローを大切に使い続けてくださいね。
参考:
ほうろうまめ知識|日本琺瑯工協会http://www.horo.or.jp/horo/horo.html
お手入れについて|ル・クルーゼhttp://www.lecreuset.co.jp/faq/maintenance/index.html

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事