妊娠33週目ってどんな時期?前駆陣痛が始まるママも!?

妊娠

大きくなった「妊娠33週目」頃のおなか。
おなかの張りが頻繁になったり、大きなおなかが重くて眠れないなど、
大変なこともあるかもしれませんが、
出産へ向け、体も変化したり準備を進めている時期です。
おなかの赤ちゃんも準備を進めていますよ。

「妊娠33週目」ってどんな時期なのでしょうか?

「妊娠33週目」ってどんな時期?

妊娠33週目 妊婦 おなか
出典:https://www.amoma.jp/

「妊娠33週目」頃になると、子宮底長は約30センチほど。
下腹部からみぞおちの下の部分まで大きくなっています。

おなかが大きく、同じ姿勢で長時間いると腰や背中、足の付け根などに痛みが出ることもありますし、
大きいおなかが苦しくて眠れないなんてママもいるのではないでしょうか?

体重の急激な増加も痛みなどの原因となるので、
体重管理は引き続きしっかり行いましょう。

おなかが苦しくて眠れないほかにも、寝ている間に足がつってしまい睡眠不足になるママも多い頃。
出産や産後のことに不安を感じて睡眠が浅くなってしまうママもいるかもしれません。

ぐっすり寝るためには、体を温めるのがおすすめ。
寝る前にお風呂に浸かったり、軽い運動やマッサージなどをして体を温めましょう。
体が疲れると自然にぐっすりと眠れるので、
ウォーキングなどの軽い運動を取り入れるのもおすすめです。
血行がよくなると、こむら返り予防にもなりますよ。

おなかが重くて苦しい時には、「シムスの体位」がおすすめ。
体の左側をしたにし、横向きになります。
抱き枕があると眠りやすいですよ。

「妊娠33週目」赤ちゃんの大きさは?

妊娠34週目 赤ちゃん エコー写真
出典:https://allabout.co.jp/

「妊娠33週目」頃になると、赤ちゃんは2000グラム前後にまで成長しています。
体もふっくらし、ほぼ新生児と同じ姿です。
体が大きくなっているので、子宮の壁に寄りかかっているような状態で、
おなかの中で動くときには、外から見ても動いているのがわかるように。

赤ちゃんの骨は適度に未熟な状態で生まれてくるそうです。
と言うのも、骨が固すぎると産道が通れないから。
ママの負担を減らすために、ちょっとだけ未熟な状態で生まれるそうですよ。

「妊娠33週目」貧血に気をつけよう

妊娠 貧血 ふらつき めまい
出典:http://highclass-web.com/

妊娠すると、赤ちゃんに血液が最優先に送られます。
そのため、貧血を引き起こしやすい状態です。
血圧も不安定で、低血圧になると立ちくらみ、ふらつきなどを引き起こしてしまうこともあります。

立っているときにふらつきがあると、バランスを崩し転倒の危険もあります。
急に立ち上がったときなどにふらつきが起こりやすいので、
動作はゆっくりと行いましょう。

貧血を予防するには、鉄分や亜鉛、ビタミンCなどの積極的に摂取するのがいいでしょう。
栄養をしっかりと取っておくと、産後の回復も早くなるので、
バランスの良い食生活を心掛けましょう。

「妊娠33週目」の「前駆陣痛」と早産

前駆陣痛 妊娠後期 張り
出典:https://tamagoo.jp/

「妊娠33週目」頃になると、「前駆陣痛」が起こるママもいます。
「前駆陣痛」は、出産に向けた準備で、子宮収縮が起こりますが、
痛みや強弱、間隔は一定ではないのが特徴。
「前駆陣痛」は「本陣痛」とは別物なので、「前駆陣痛」が起こったからすぐに出産になるわけではありません。

「前駆陣痛」は、安静にしていると落ち着いてくることがほとんどです。
しかし、おなかの張りが「前駆陣痛」ではなく、切迫早産や早産につながる痛みの場合もあります。

・規則的のおなかが張る。
・背中や下腹部に痛みがある。
・破水、出血がある。
・安静にしていても張りが落ち着かない。

このような症状がある場合には、すぐに医師に連絡をしましょう。
必要があれば救急車が必要になることもありますよ。

「妊娠33週目」出産方法を確認しておきましょう!

出産方法 育児書 出産
出典:https://mamasup.me/

出産予定日が近づいています。
場合によっては少し早めに出産になるママもいるかもしれません。
初めての出産の場合は時に、わからないことだらけで不安になったり緊張してしまいますよね。

落ち着いて出産に臨むために、出産方法や出産の流れ、呼吸法などを今のうちに確認しておきましょう。
わからないことや不安なことがある場合には、医師などに相談して、不安を解消しておきましょう。

※私の場合、1人目の出産はわからないことだらけでした。
赤ちゃんが産まれてくることになんとなくのイメージはありましたが、
呼吸法で痛みが軽減するなんてウソでしょくらいに思っていたんです。
どうにかなるだろう!と思っていましたが、
想像以上の痛み、突然の破水などでパニックに!
助産師さんの声も聴けず、痛みを逃すことも出来ませんでした。

でも、2人目の出産のときには出産の流れがわかっていたので、
痛みのがしの方法なども落ち着いて出来ましたし、
陣痛と陣痛の間の痛みが落ち着くときには水分補給をしたり、軽食を食べたり、
落ち着いてすごせました。
分娩台に上がってからも、助産師さんの指示にしっかり従うことで、
1人目のようなパニックにならずに出産できました。

流れをわかっているって大切です!!

o06120408821840750[1]
出典:https://news.ameba.jp/

もう少しで出産。
そう思うと、ワクワクもしますが、ドキドキ緊張もしてしまいますよね。

出産は長丁場になることも。
出産には体力が必要なんです。

おなかが大きくなってくると動くのが大変になるのですが、
動かないでいると体力も落ちてきてしまいます。
無理は禁物ですが、意識的に運動を取り入れて体力作りをしましょう。
運動は気分転換にもなるのでおすすめですよ。

生まれてくる赤ちゃんのことを想像しながら、
あとわずかのマタニティーライフを穏やかに過ごしましょうね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

妊娠」カテゴリの人気記事