転職?キャリアアップ?取っておいて損はない資格って?

ライフスタイル

main_img4
出典:http://meimonedu.co.jp

キャリアアップや転職活動、結婚や出産など、ライフプランを考えたときに気になるのが資格。いまはまだ必要がなくても、取っておいて後々役立つ資格があれば知っておきたいですよね。仕事の幅を広げてくれる資格や就職に有利になる資格には、どのようなものがあるのでしょうか。

簿記

topslider3
出典:http://cloud-boki.jp

すでに経理関係の業務経験があっても、転職などの際にその能力をアピールするのは難しいかもしれません。経験や能力を表す基準として、簿記検定を受験する人も少なくないようです。

また、経理業務だけではなく簿記検定の内容はビジネススキルの基礎を身に付けることができるものです。実際に経理関係の仕事につかなくても、ビジネスパーソンとしての信頼度をアピールできます。

TOEIC

20121221_TOEIC175
出典:http://www.7438.com

合否ではなく、スコア形式の英語の能力テスト。何度も受験して徐々にスコアアップしていくことで、学習のモチベーション維持ができ、自己啓発としても人気のテストです。

英語ができる人材に対してはますます需要が伸びてきますので、英語力を生かして仕事をしたい人やこれから英語力を鍛えていきたい人には必須です。

医療事務

f02_1433058660963482_img
出典:http://n-heart-web.net

医療系の資格のなかでも比較的取りやすい資格です。将来的に、医療の仕事がなくなる可能性はほぼ考えられません。むしろ、高齢化が進んでますます需要が増していくと考えられています。

全国どこに行っても仕事があり、パートでも働けて、いくつになっても仕事を続けられるという点で女性に人気の資格です。生活スタイルの変化に柔軟に対応できるというのが大きなメリットです。

ファイナンシャルプランナー

FP-000
出典:http://fp-center.biz

銀行や証券会社、保険会社など、金融関係の仕事をしている人がスキルアップのために取得するケースが多いようです。

お金に関する知識を持った人材はどの企業でも重宝がられる存在。業務内容が金融関係ではなくても、知識の幅が広いマルチな人材として扱ってもらえる可能性があり、転職や昇格が有利になるかもしれません。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)

MOS%20Icon
出典:http://www.tulsacc.edu

マイクロソフト社が認定していて、世界で通用する基準です。内容はその名の通り、マイクロソフト社製のソフトを使いこなせるスキルを証明するものです。

パソコンを使わない職場はほぼ存在しない今日では、新しい人材にパソコンスキルを求める企業がほとんど。パソコンを使えてもそのスキルを履歴書などで的確に伝えるのは難しいので、こういった証明を持っているとストレートにアピールできます。

DSC_03511
出典:http://fanfunfukuoka.com

日頃の生活や仕事の中で身に付けてきたスキルを、スコアや認定書で表わせたら心強いですよね。新しい分野で勉強を始めるのも良いですし、今持っているスキルに磨きをかけて資格取得を目指すという方法もあります。

参考

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事