エアコンつけっぱなし説は夏だけ?冬の節約術

ライフスタイル

article22_1
出典:http://kakaku.com

夏に話題になった「エアコンはつけっぱなしの方が電気代はかからない」という一説。エアコンの性能や家のつくりにもよりますが、それを実感できた人は多かったようです。

では冬の暖房はどうでしょう? 「エアコンつけっぱなし法」は冬にも対応可能なのでしょうか?そのほか「どっちの方が節約?」という疑問を解決していきましょう。

夏と冬は別問題

unnamed
出典:https://enechange.jp

夏にエアコンをつけっぱなしにした方が節約になるというのは、起動して部屋の気温を下げるのに電力を使うため。一定の温度を維持する方が電気代は安く済むという理由からでした。

同じことが冬の寒さ対策に対応できるかということについては、一概にはイエスとは言えないようです。夏であれば外と室内の温度差は10℃程度ですが、冬は暖房機器を使用して20℃以上空気を温めなければなりません。そのため条件が変わってくるのです。

エアコンつけっぱなしでも良い条件

koukimitsu-img1
出典:http://www.doctol-haus.com

冬でもエアコンつけっぱなしの方が電気代がかからない場合があります。それは、最新の住宅設備であること。高気密・高断熱の家のつくりに加え、オール電化、エアコンが最新の省電力のものであること、という条件がそろってはじめて実現できるそうです。

部屋の気密性を高めるには

2160cc
出典:http://iemo.jp

DIYによって、気密性や断熱性を多少高めることは可能です。ドアの隙間にはスポンジ、窓には断熱シート、床にはアルミシートをはることで、暖房の効きの違いを実感できるくらいの差がでます。

設定温度を低く

041
出典:http://役立つ.com

エアコンの設定温度は下げれば下げるほど消費電力は減らせます。余分な暖房を使わず温かい空気を効率よく循環させれば、今までよりも低い設定温度で寒さを感じなくすることが可能です。サーキュレーターを併用して、空気を動かしましょう。

エアコンは気温の維持は得意ですが、冷えた空気を温めるのは苦手。ファンヒーターなどで一気に温めてからエアコンに切り替えた方がトータルのコストが安く済む場合もあります。

食器洗い機VS手洗い

55306baed5873c23375792b7280b1f7d
出典:http://money-academy.jp

冬はどうしてもお湯で食器を洗いたいですよね。水道代よりも気になるのが給湯のためのガス代や電気代です。ふたり暮らし程度であれば食器洗い機を使うよりも手洗いでささっと済ませてしまった方がお得。

家族が多い場合は食器洗い機を使うと月々約1000円も節約になるといいます。手間も省けてうれしいですね。機械そのものの金額のもとが取れるのか、置くスペースがあるのかを考慮したうえで検討しても良いかもしれません。

炊飯器の保温VS電子レンジ

001-01
出典:http://kaden.watch.impress.co.jp

残ったごはんを保温しておくか、食べる時にレンジで温めるかは迷いますね。量が少なければ冷蔵してしまった方が節電です。量が多いと電子レンジでも時間がかかりますので、半日以内に食べるのなら保温機能を利用しましょう。

朝から夜まで保温すると、1回炊飯するくらいの電力を消費します。手間でなければ夜は夜で炊いた方がおいしいご飯を食べられます。

ポットのお湯を保温VS都度沸かす

petkan_9181142
出典:http://store.shopping.yahoo.co.jp

ポットの保温はいかなる場合でも節約にはなりません。使う分だけポットに入れて、使うたびに沸騰させた方が節約。ポットはお湯を沸かす機能だけで十分です。

aa467_867_63d3c5bb45df80593208b123bcf515ae
出典:http://news.livedoor.com

寒い冬はちょっとした手間も億劫に感じてしまいますが、電気代の請求を見て驚かないためにも少しずつ心がけていきましょう。

参考

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事