誤解してた!ジェネリック医薬品は同じ成分ではない!

ライフスタイル

uid000006_201509251624182fd2d8bd
出典:http://www.town.taketomi.lg.jp

「後発薬」とも呼ばれ、病院にかかる人の負担を減らしてくれるジェネリック医薬品。政府の医療費負担も軽減してくれるヒーローのような存在です。

このジェネリック医薬品、実はもともとの新薬と全く同じではないということ、知っていますか?

新薬より低価格

generic_point3_pic
出典:http://www.shinbi-do.com

ジェネリック医薬品の魅力はその安さ。製薬会社による薬の開発には膨大な研究費用がかかるため、新薬にはその費用が含まれる形で世の中に出てきます。

その特許の期限が切れた後に他社がつくることができるのがジェネリック医薬品。ゼロから研究を行わなくても良いので、コストが抑えられるというワケです。

全成分が同じではない

1370869373
出典:http://www.pref.nagasaki.jp

ジェネリック医薬品は新薬と同じものをそのままそっくりつくられたものではありません。同じなのはあくまでも「主成分のみ」。

薬を完成させるために必要な製法についてはまた異なる特許があるので、主成分以外の成分については新薬とは違うものを使用している場合もあるのです。

効き目はほぼ同等

large_629447_3
出典:http://4meee.com

全く同じではないということは、薬のいちばん大事な要素である効き目が気になるところ。専門家によると、主成分が同じであれば効き目にはさほど違いは出ないとのことです。

体に合わないことも

2015-07-31_192515-600x478
出典:http://the-plusone.com

薬局などで「いままで薬を飲んで体調を崩したことがあるか」と聞かれたことがあると思います。薬が悪いのではなく、人の体質によって合う薬と合わない薬は必ずあります。

いままで問題なく飲んでいた薬をジェネリック医薬品に切り替える場合、心配されるのが体質に合わないときのこと。

主成分が同じなので薬としての効能は同じですが、主成分以外の成分が体に合わない可能性も十分考えられます。

テスト期間を設ける

yakkyoku_yakuzaishi
出典:http://www.city.fujimino.saitama.jp

薬をジェネリック医薬品に切り替える場合には、その薬を飲んで異常が出ないかを確認するためにテスト期間を設けた方が良いそう。医師や薬剤師と相談して、そういったリスクも考慮したうえで服用していきましょう。

【専門家】漆畑先生2_トップ画面
出典:https://pcareer.m3.com

これから薬を服用し始める場合には、はじめからジェネリック医薬品を処方してもらうのがベター。途中で切り替えるリスクがなくなります。

お薬を出してもらうときには、ジェネリック医薬品を希望すること、処方される薬に後発品があるか、といったことを話し合うようにしましょう。

これから先、長い期間同じ薬を服用することになった場合には、ジェネリック医薬品という選択をすることで経済的な負担が大きく変わってきます。

飲みやすさという魅力

1
出典:http://www.bulldash.com

ジェネリック医薬品は主成分だけが同じなので、薬効成分ではない部分でアレンジされているものもあります。溶けやすかったり苦かったりして飲みにくい薬をコーティングするなど、服用する人のことを考えた改良が見られるのもジェネリック医薬品の魅力です。

日々進化を遂げて私たちの健康を支えてくれる薬。私たちもきちんと知ったうえで利用していきたいですね。

参考

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事