睡眠を変えるだけでバストアップって本当?

ライフスタイル

女性にとっての永遠のテーマの1つである「理想のバスト」

しかし、あるリサーチでは、自分のバストに自信があると答えた女性はわずか14%だったという結果もあります。

今回は理想のバスト条件の1つである「バストアップ」にスポットを当てていきます。

バストの知識を身につけよう

151125-2
出典:http://via-career.jp

「マッサージをすれば大きくなる」「牛乳を飲めば大きくなる」「遺伝だから諦めよう・・・」女性ならこんなことを聞いたことがあるのではないでしょうか。

実はこれらはすべてある意味では正解なんです。つまり、遺伝の影響はありますが、それを打開する手立てもあるということです。

そのためにも、バストそのものをよく知り、対策を講じていく必要があります。

バストの構造を知る

151125-3
出典:http://jiji-chatch.com

バストは大きく分けて4つの構造になっています。

(1:乳房内脂肪組織)
バストは90%が乳房内脂肪組織という皮下脂肪で、これが「胸は脂肪の塊」という語源でもあるわけです。
これが増えるとバストのボリュームアップは簡単にできますが、脂肪なので他のパーツにも脂肪が付いてしまうことになります。

(2:乳腺)
乳腺は乳房内に存在し、その数については個人による差はあまりないと言われています。
ただ、胸の大きな女性はこの乳腺1本1本が太いという傾向があるようです。
つまり、乳腺を増やすことは難しいので、乳腺を太く育てると良いということになります。

(3:大胸筋)
これは女性に限らず誰にでも付いている胸の筋肉です。
女性のバストについて言えば、バストを載せている土台のようなものです。
ただ、これはあくまで土台なので、いくら鍛えてもバストが豊かになることはありません。
ただ、土台が盛り上がるのでバストサイズは大きくなりますが・・・

(4:クーパー靱帯)
これはバストと大虚位金をつなぐロープのような役割をしたものです。
バストの豊かさとはあまり関係がありませんが、これが弱くなるとバストが垂れてしまうのです。
問題は、クーパー靱帯は1度崩れると二度と戻らないということです。
これを防ぐ簡単な方法が「ブラを付けること」なのです。

キーポイントは乳腺

151125-4出典:http://kosotatu.jp

先ほど紹介した乳房内脂肪組織を増やすためには、脂質を多く摂ればよいわけですが、全体的に太ってしまうという危険性も秘めています。

そこで注目してほしいのが乳腺です。1本あたりの乳腺が太くなることで、バスト全体が大きく膨らむことになります。

そして、乳腺を太く育てる方法は「女性ホルモンを多く分泌させること」です。その秘策こそが「生活リズムの改善」、主に「睡眠」なのです。

正しく良質な睡眠を取ることで、女性ホルモンが多く分泌され、乳腺の発達につながります。

バストアップのための睡眠4ヶ条

151125-5
出典:https://ssl-stat.amebame.com

(第1条:夜10時には寝る)

女性ホルモンが分泌されるゴールデンタイムがあることは有名ですね。一般的に、この時間帯は「夜10時~深夜2時」です。

実際に就寝時間が遅くなりがちな都会の女性のバストは、早めに就寝する地域と比べて2カップほとの差が出ているというデータもあります。

また、女性ホルモンが特に多く分泌されるのは、就寝後30~60分あたりだとも言われているので、どんなに遅くとも深夜12時には就寝した方が良さそうです。

(第2条:ブラを付けて寝る)

ブラを付けると寝苦しい女性もいると思いますが、できるだけブラは付けて寝た方が良いようです。

それは、バストの形が崩れることを防いでくれることが有名ですが、実はバストの形や位置が安定しているので、乳腺が育ちやすいとも言われているのです。

(第3条:汗がにじむ程度の温度で寝る)

女性ホルモンが活発になるのは就寝後です。それは体温が上昇することも関係しています。

そして、冷え性が多い女性においては、ちょっと汗ばむ程度の温度で寝られるようにちょっと1枚多く重ねて体を温めると良いでしょう。

(第4条:体に合ったマットレスで寝る)

寝返りを打ってうつぶせになるとバストが体重で押しつぶされてしまいます。胸の形が崩れるだけでなく、乳腺の発達にも大きな影響があります。

そこで、体に合ったマットレスを選ぶことをオススメします。自分に合った低反発マットレスであれば、体をしっかりと包み込んでくれるので、体を安定させて寝ることができます。

人は睡眠を取ることで体の細胞が生まれ変わったり、成長したりしています。睡眠を良質なものに変えることで、日々の疲れが取れリフレッシュされるだけでも、体内環境を正常化させる効果もあります。

今回の方法はお金も手間もかからない方法なので、ぜひお試しあれ!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

我が子を愛する元教師。ストレートなメッセージを届けます!

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事