花嫁サマ認定!参列したくない結婚式10パターン

ライフスタイル

201705-17
結婚式とは本来、新郎新婦が『今までお世話になった人たち』や『これからお世話になる人たち』にお礼や挨拶をする場。

しかし最近は『一生に一度の主役になれる日』だとばかりに自己満足に浸った演出ばかりをしてしまう新郎新婦も少なくありません。

そこで、ゲストが決して参列したくない結婚式の10パターンをご紹介します!

1.開始時間が早過ぎる

会場の空き具合の都合や、新郎新婦が会場の『早朝割引』を利用した場合、挙式開始時間が朝9時頃と早目になってしまうことも。

遠方に住む人や美容院を利用する人には少し迷惑だと思われてしまうかもしれません。

2.名指しのブーケトス

DJ_bouquet_toss
出典:http://www.wedding.am

アラサー以上の独身女性にとって、ブーケトスはあまり参加したいものではありません。特に独身女性を読み上げる、名指しのブーケトスは嫌がらせだと捉えられてしまう可能性すらあります。

3.真夏のガーデンウェディング

wedding-1024
出典:http://creativewedding.co

レストランやホテルのガーデンを利用したガーデンウェディングはオシャレですが真夏には不評。日焼けが気になる上に熱中症の危険性も潜んでいます。

4.スピーチが延々と続く

上司や親族、友人代表と延々に続くスピーチは新郎新婦にとっては有難くてもゲストは退屈してしまいそうです。

5.新郎新婦のサプライズ合戦

cute-wedding-party-picture-ideas-bridal-party-dresses-cute-party-dress-wedding-party-dresses-glamorous-53cdfa116248b
出典:http://skinrich.info

『新婦から新郎への手紙』や『新郎から新婦へのプレゼント』などのサプライズは、1つ程度ならいいですが、いくつも続くと「勝手にやってよ」とゲストはしらけてしまうことも。

6.真冬のガーデン撮影

winter-weddings-s4qw7mmx
出典:http://h-jackman.net

真夏のガーデンウェディングに続き、真冬のガーデン撮影など外で行う演出もゲストには不評です。

7.身内のバースデーやバウリニューアル

ゲストは『新婦の姉の誕生日』や『両親の愛の誓い』を見に来ているわけではありません。中には「身内だけでやればいいのに」と感じている人も少なくないでしょう。

8.披露宴と二次会の間が空きすぎる

WeddingPartyRWFW13-5
出典:http://dweddings.com
披露宴と二次会の間が空き過ぎるのも問題。ゲストはどこかでお茶などをして時間を潰さなくてはいけません。

9.重過ぎる引き出物

大きなお皿やグラスなど重過ぎる引き出物はゲストにとって負担になります。特に遠方のゲストは大変でしょう。

10.終了時間が遅すぎる披露宴や二次会

披露宴や二次会の終了時間が遅すぎると、遠方のゲストの場合はバタバタとしたり、場合によっては途中で退席する羽目になってしまいます。

image
出典:http://brideal.jp

いかがでしたでしょうか。自分たちの希望ばかりを優先する『花嫁サマ』にならないように、ゲストの立場になって演出や日時などを決定していきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事