おしゃれなミル de 挽きたてコーヒーを!

ライフスタイル

毎朝のコーヒーはどうやっていれていますか? 癒しのコーヒータイムがインスタントだなんて味気ないという方!せっかくなら、お気に入りのおしゃれなミルで豆を挽いてみませんか? いつものコーヒータイムがぐっと楽しいものになりますよ。キッチンのインテリアにもおすすめです!さあ、どんなミルにしましょうか?

定番のクラッシクなタイプ

image00

出典:http://item.shopping.c.yimg.jp

横向きに回すハンドルが上部にあって、豆の受け皿が下にあるタイプ。受け皿が四角い引き出しになっているものは定番ですね。アンティークでかわいらしい、ナチュラルな印象です。

image02

出典:http://www.raranet.com

豆を入れる部分の形はフタができるものとできないものの2種類あります。フタができるタイプはほとんどがこのミルのように上部がドーム型。豆を入れるときだけフタを開けます。使わないときにはフタを閉めておけるので、ホコリの心配がいらず、収納場所を選びません。豆を挽いている最中に豆が飛び散ってしまうというトラブルもありません。ミルを傾けたり倒したりしてしまっても安心ですね。

image01

出典:http://store.shopping.yahoo.co.jp

ほこりが入らない棚の中にしまっておけるのであれば、上部がボウル型になっているものがおすすめです。上に口が大きく開いているので、豆をこぼさずに入れることができます。

歯車の中に豆が少しずつ吸い込まれて細かくなっていく様子を観察できます。また、コーヒーの香りを挽いているときから楽しめます。

image04

出典:http://sellinglist.auctions.yahoo.co.jp/user/originaledition6688

本体は木製のものが定番ですが、ステンレス、銅、陶磁器、ガラスなどいろいろな素材のものが売られています。下の受け皿が保存容器になっているタイプは、挽きたての豆をそのまま保存できて便利です。移し替える際に空気に触れて酸化してしまうのを防げますね。材質によって雰囲気が異なるので、インテリアや好みに合ったミルを探してみましょう。

細身でクールなタイプ

image03

出典:http://store.shopping.yahoo.co.jp/gardenstone/13081410.html

スタイリッシュでクールな印象の筒状ミルは、ハンドルが簡単に取り外せるものが多いのが特徴です。収納や携帯に便利ですね。プラスチック製のものは分解して水洗いができます。

コーヒーかすをきれいに洗えるのは衛生的で嬉しいですね。透明の素材なので、挽いた豆が下に溜まっていくのを確認できます。

image06

出典:http://tabizine.jp/2015/03/13/31548/

金属製のものは人気で、シャープな雰囲気です。細身なので、テーブルに置かなくても手に握ったまま豆を挽くことができます。手の小さい女性でも力をかけやすく、使い勝手の良さはピカイチ。携帯にも便利な形で、みずや汚れに強いのでアウトドアにもばっちり。

高い気密性できちんとしめられるので、持ち運んでも残ったコーヒー粉がこぼれません。ピクニックやキャンプで挽きたてのコーヒーを味わえるなんて、贅沢ですね。自然の中で飲むコーヒーは格別でしょう。

昭和のかき氷器のようなミル

image05

出典:http://item.rakuten.co.jp/auc-gardenstone/13081423/

駄菓子屋さんのかき氷器を彷彿とさせるレトロなデザイン。台の上に設置して使用します。鋳物でできているものが多いので、その重みで安定感バツグン。片手で抑えなくてよいので挽きやすさはダントツです。

ハンドルが縦回転なのも力が入りやすい理由です。スペースは必要ですが、この重厚感、そして存在感はインテリアの主役になります。

image07

出典:http://slowlife.shop-pro.jp/?pid=16027002

コーヒーをいれることを楽しみましょう!
味にこだわるだけではなく、コーヒーをいれる時間そのものを楽しんでみませんか?お気に入りのコーヒーミルでが楽しい気分にしてくれるはずです。

参考:
株式会社カリタ http://www.kalita.co.jp/
HARIO株式会社 http://www.hario.com/
カジュアルプロダクトオンラインストア http://casualproduct.shop-pro.jp/

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事