収納にダンボールは論外!ゴキブリのエサになる前に処分!

ライフスタイル

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
出典:http://bamutokero09.blog104.fc2.com

引っ越しの荷物がそのままだったり、買ったものが入っていたダンボールをそのまま収納に使っていたり……。軽くてコストもかからないダンボールは、ついつい収納に転用しがちです。

しかしその便利なダンボールが、虫やカビの温床だとしたら……。いますぐ捨てることを考えた方が良さそうです。

ゴキブリにとって好環境

LG1025a
出典:https://www.lemon.co.jp

断熱効果・保温効果があるダンボール。非常時に防寒具としても使えるくらいですから、ゴキブリにとっても快適な空間になってしまいます。

構造上ゴキブリが隠れやすい隙間が多いのも難点。ダンボールに使用されている接着剤はコーンスターチを原料としているので、ゴキブリのエサになります。

つまり、ダンボールを置いておくのはゴキブリに住む場所と食べるものを提供しているということ。

20378main
出典:http://suumo.jp

「新築だからゴキブリはいないので大丈夫」と思ってしまいますが、ゴキブリの侵入経路のひとつとして引っ越しのダンボールが有力に考えられているのです。

屋外に置かれることもあるダンボールには、目に見えないゴキブリの卵が付着していてもおかしくないのです。

カビの増殖

cardboard-box-155480_640
出典:http://info-blinker.com

新聞紙は湿気取りに重宝されますが、同じ紙でできているダンボールも湿気を吸いやすい素材です。衣類や本などの紙類を入れたままにしておくと、空気中の湿気を吸ってカビが生え、どんどん増殖していきます。

押入れやクローゼットなど、通気性が悪い場所はなおさらダンボールを入れないようにしましょう。

ダニの住みかにも

150722_01
出典:http://www.otona-beauty.com

あたたかく湿った場所を好むダニにとっても、ダンボールは最高の居住空間になってしまいます。ダニに刺されると皮膚炎を起こしてかゆみが生じます。

また、ダニの糞や死骸はアレルゲンとなって人間の身体を襲います。ダンボールを置き続けると、減ることはなくアレルゲンは増える一方です。

除湿効果を利用する

690361
出典:http://pb.nidrug.co.jp

収納として使用するのではなく、濡れた靴を乾かしたり結露を取ったりするのには便利なのがダンボールです。そういった用途で使った場合には、放置することなくすぐに処分しましょう。念のため、防虫剤を併用すると効果的です。

収納はプラスチック製のものを

222242-scn01
出典:http://item.rakuten.co.jp

さまざまな材質の収納グッズがありますが、お手入れが簡単でトラブルが少ないのはやはりプラスチックです。なかが透けて見えるので、押し入れの中に入れておくと衣替えも簡単です。汚れたら拭いたり洗ったりできます。

プラスチックはどうしてもお部屋のイメージに合わないので使いたくないという場合には、除湿剤や防虫剤を最大限活用してくださいね。

kumagaya_corrugated_cardboard
出典:http://kumagayashigyou.com

やむを得ない理由がない限り、ダンボールは処分した方が無難なようです。手遅れになる前に、少しずつ片付けましょう。

参考

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事