そのブーツ、脱げますか?冬こそ靴のにおい対策を

ライフスタイル

ブーツくさい

汗をたくさんかく夏とくらべて、冬は手を抜きがちなにおい対策。
しかし、通気性の悪いものを身に付ける季節だからこそケアが必要です。

1日履きっぱなしのブーツやパンプス、人前で脱げますか?
仕事終わりの忘年会も恐れないで済むように、履物のにおい対策を始めましょう!

においの原因は?

無題
出典:http://hth-rockcor.com

靴のなかで足が蒸れるのは汗のせい。
しかし、そもそも汗は無臭です。においが出始めるのは、雑菌が繁殖するため。

暖かく湿った環境は菌にとって最適な住みかとなって、古い角質や汗をエサとして増えていきます。

冬は厚い生地で、足を包み込むデザインの靴が多くなります。通気性が悪くなることで、靴の中の湿度はあがりやすくなります。

靴を休ませる

w621_large
出典:https://locari.jp

1日履いていた靴の中は、湿気も菌もたくさんです。
乾燥させることである程度においは取れますが、一晩おいたくらいでは不十分。

同じ靴を続けて履くことは避けて、何足かを履きまわすようにしましょう。
脱いだ靴はすぐに下駄箱に入れず、風通しの良い場所に置いておきます。

通勤用と職場用で靴を用意して、会社に着いたら履き替えるようにするのも良い方法です。

中敷きを変える

008
出典:http://www.reliebell.com

中敷きは靴のなかでいちばん汗が染み込んでいる部分。
冬は防寒できる中敷きなどを使うこともあるかと思います。

取り換えられる中敷きを使用しているのであれば、複数枚用意しておいて取り換えながら使いましょう。
丸洗いできるタイプだとより衛生的です。

靴下を履く

k1574929355
出典:http://www.kanshin.com

お仕事柄、ストッキングやタイツが必須という方もいるでしょうが、そうでなければより厚手で吸湿性の良い靴下を履くようにしましょう。

靴に直接付いてしまう汗を靴下が吸い取ってくれるので、靴をより清潔に保つことができます。
とくに5本指ソックスは効果絶大のようです。

においが気になるようなら、お昼や夕方のタイミングで靴下を取り換えるとさっぱりしますよ。

重曹を活用

baking-soda-768950_640
出典:http://akkun11.xsrv.jp

消臭効果と吸湿効果が期待できる重曹は、靴のお手入れにぴったり。
履き古した靴下やストッキングに重曹を入れると、簡単に消臭剤が完成します。

お茶やコーヒーを淹れた後のカスも同じように使えます。よく乾かしてから使用しないと逆効果。
においだけでなくカビの原因にもなってしまうので注意してくださいね。

10円玉やアルミホイルを入れる

台所の三角コーナーや排水溝に入れておくとぬめりが付かない、という話を聞いたことはないでしょうか?
意外な方法ですが、殺菌効果が期待できます。
靴を休ませている間に入れておきましょう。

冷凍庫に入れる

x4ZmncJhUBBRBPh_0
出典:http://girlschannel.net

冷凍庫の温度では、菌はほぼ生きられず死滅します。
良い方法ですが、靴を冷凍庫に入れることに抵抗がない人だけお試しください。

ビニール袋などで包んでから入れてくださいね。

butuniosusume
出典:https://candypot.jp

忘年会や新年会など、冬はなにかと靴を脱いであがる機会が多い季節です。
においを気にせず楽しめるように、少しずつケアしていきましょう。

参考

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

ライフスタイル」カテゴリの人気記事