40種類のフルーツが実るカラフルな”奇跡の木”が実在した!

エンタメ

uploaded
出典 http://www.sciencealert.com

春になると、この不思議な木に色とりどりの花が咲き乱れる。このカラフルな木はアメリカ・ニューヨーク州に存在し、名前は「The Tree of 40 Fruit」(40種の果実の木)別名「奇跡の木」。

信じられますか!?40種類ものフルーツが実るなんて!!
魔法がかけられたような不思議な木!
夢のような・おとぎ話の世界にあるような、まさに奇跡!

uploaded
出典 https://www.youtube.com

この奇跡の木を育てている方は、現代美術家で米シラキュース大学の教授、サム・ヴァンエイケンさん。2008年、125年もの歴史をもつニューヨーク州農事試験場内にある果樹園が、資金不足で閉鎖に向かっていること知り、なんと果樹園まるごと買い取ったそうです。

果樹園には150年〜200年間生き続けた貴重な果物があり「果樹園がなくなれば果物も消えてしまう」と思い、それに、「私はペンシルバニアの農場で生まれ育ちました。
そのため、この果樹園にある果実の貴重さは分かっています。絶対になくしてはなりません」とコメント。

彼はこの果樹園を買い取り、貴重な果実の保存に動き出しました。

uploaded-1
出典 https://www.youtube.com

uploaded-2
出典 https://www.youtube.com

果樹園の買い取り後は、順風満帆だった訳はなく、果樹園に通い木を眺め花が咲く時期をすべて記録。そしてある日、彼は1本の木に気づいたのです。

まるで何本もの木が折り重なり「様々な果実を実らせている木」のように見えたのです。ヒントは弱った木が倒れ隣りの木に重なった光景でした。

uploaded-3
出典 https://www.youtube.com

uploaded-4
出典 https://www.youtube.com

彼のアイデアとは「1本の木に複数種を融合させ、1本の木として管理をする」でした。膨大なデータを綿密に計算し研究されたこのアイデアで、切開した樹の枝に、他の種の枝をテープで繋ぎ合わせて固定。

まず、複数種の木を継いだ母体「ワーキングツリー」の育成に2年、後に枝先に複数種の枝を継ぎ足していき「チップ・グラフティング」という作業を行います。

別種の枝を自分の枝だと認識させるまでには3年の月日を必要としました。それから5年の歳月をかけ、1本の木に40種類もの果物が実る奇跡の木が誕生したのです。地道な努力と研究の結果でした。

uploaded-5
出典 https://www.youtube.com

現在、奇跡の木は16本が、ニューヨーク州やアーカンソー州など米国内の7つの州に植えられました。対象とする果物は250種類を超えているそうです。

最初の木が植えられてから2011年。今年の秋には、カリフォルニア州サンノゼにある子ども向け体験学習施設の敷地内に新たな1本が加わる予定です。

彼はこの取り組みに対して「1つの芸術作品であり、研究プロジェクトであり、自然保護活動の一形態ととらえている」とコメントしています。

uploaded-1
出典 http://www.sciencealert.com

実際にこの木のフルーツを食べた人は、珍しいフルーツもあり、バリエーションに飛んだ果物が食べられると評判は上々のようです。

サムさんの地道な努力と貴重な果実をなくしてはいけないという情熱が、おとぎ話に出てくるようなこの美しい”奇跡の木”を生んだのでしょう。

サムさんはこの技術が色んな人達に伝わることが大切だと語ります。サムさんの技術を継承し、この木が世界中に溢れる日を。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

エンタメ」カテゴリの人気記事