フルハウスにアルフ!アラサーが懐かしいNHKの海外ドラマ5選

エンタメ

子供の頃、夕方のテレビ番組と言えば『天才テレビくん』とそれに続く海外ドラマを見ていた、という人は多いのではないでしょうか。

海外ドラマを見て、海外の生活を知ったり外国に憧れたという人も多いはず。
そこで、特にアラサー世代が懐かしいNHKの海外ドラマをご紹介します!

1.ALF(アルフ)

image
出典:http://matome.naver.jp

『ALF(アルフ)』はシーズン4まであり1993年から1996年にかけて放送されました。

ロサンゼルスに住む一家に居候することになった、毛むくじゃらの宇宙人であるアルフが巻き起こす涙あり笑いありのドタバタコメディです。

つぶらな瞳のアルフの、所ジョージさん吹き替えの「はーはー!」という笑い声が印象的でした。

詳細はこちら

2.フルハウス

image
出典:http://natalie.mu

日本でも大人気となった『フルハウス』は1993年から1996年にかけてシーズン8まで放送され、その後何度も再放送されてきました。

ストーリーは、妻を亡くしたダニーと3人娘が暮らすタナー家に、友人のジョーイや義弟のジェシーが加わり絆を深めていく、というもの。

その後もジェシーの妻レベッカや双子の息子が加わったり、ご近所のキミーたちがいつも顔を出したりと、ワイワイした雰囲気が魅力のドラマでした。

詳細はこちら

3.愉快なシーバー家

image
出典:http://www.amazon.co.jp/

『愉快なシーバー家』はシーズン7まであり、1997年から2000年の間に放送されました。

精神科医の父、新聞記者の母、お調子者でチャラチャラした長男マイク、学業優秀で真面目な長女のキャロル、陽気な末っ子ベンなど、個性豊かなキャラクターが魅力のホームドラマでした。

詳細はこちら

4.サブリナ

image
出典:http://blog.livedoor.jp

『サブリナ』は1993年から2003年にかけてシーズン7まで放送されました。

ストーリーは、魔法の力に目覚めた人間とのハーフである16歳のサブリナが、魔女で双子の叔母ゼルダとヒルダの家に居候をし、高校生活を送りながら修行をしていく、というもの。

やたら声の低い黒猫のセーレムは実は元人間なので、『見た目は猫なのにやたら人間くさい』ところが愉快でした。

詳細はこちら

5.ボーイ・ミーツ・ワールド

image
出典:http://www.kaigaidrama.jp

『ボーイ・ミーツ・ワールド』は、2000年から2003年の間にシーズン7まで放送されました。
素直な少年コーリーとちょっと不良っぽい親友ショーンを中心としたストーリー。

コーリーの成長と共に恋愛要素も加わり、キュンキュンしたものです。

詳細はこちら
いかがでしたでしょうか。
あなたが見ていたものはありましたか?

人気の作品はDVDも販売されているので久しぶりに手にとってみても面白いかもしれません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

クイ~ズの最新情報をお届けします

Twitterでクイ~ズをフォローしよう!

この記事を書いた人

こんな記事も読まれています

エンタメ」カテゴリの人気記事